STUDIOUS ENGLISH ACADEMY|ステューディアス 英語学院

レッスン

読むだけ英会話

英語解説

【英単語解説 fine】意味や実際の使われ方をまとめてみました

皆さん、こんにちは!
ステューデイアス英語学院のHankです。

今日は英単語 ”fine”を取り上げます。

”Fine” と言えば真っ先に思い出すのが、中学一年生の英語の教科書に出てきた、“How are you?” “I’m fine, thank you. And you?” というフレーズ。


多少頭が痛くても調子が悪くても、“How are you?” と聞かれたら “I’m fine, thank you. And you?” と応えるのがお決まりだ、という刷り込みが出来上がりました。


そんな私も働きながら英語を身に付けられて、今は英語講師となりました。
私についてはこちら↓
ステューデイアス英語学院 代表 Hankのプロフィール


私のかつての上司は、自分を鼓舞するために、毎日誰から “How are you?” と聞かれても “I’m great!!(絶好調‼)“ と応えるようにしていると言っていました。

この記事のPoint

・fineの基本的な意味
・海外でのI’m fine.の意味するところ
・fineを含む関連表現

それでは一つ一つ解説していきますので、最後までお付き合い下さい!

Fineの基本的な意味と使い方

”Fine” の使い方を紹介した英語学習サイトなどでは、ポジティブな意味とネガティブな意味に分類して解説しているものも多くあります。

ここでは様々な意味を紹介しながら、特に海外で生活していると良く出会う言い回しを中心に取り上げて行こうと思います。


Eゲイト英和辞典によれば、“fine” のコアとなる意味合いは

『(完成度が高くて)申し分ない』で、元々フランス語の “fin(最終の)” が語源

https://ejje.weblio.jp/content/fine

となっています。


形容詞として使われる場合には、
『すばらしい』『優れた』『洗練された』『上品な』『(判断として)結構な』『元気な』『健康な』『晴れた』『細かい』『微妙な』『繊細な』『立派に』『純粋な・精製された金属』
など様々な意味を含みます。


副詞としても『立派な』『上手く』『細かく』など形容詞と同様の意味合いを持ちします。

名詞・動詞として使われる場合には『罰金』『罰金を科す』といきなり物騒な意味に代わってしまいます。

“I am fine” ってどんな意味?

確かに “I am/I’m fine.” と言う表現は、海外でも色々な場面で使われています。

でも、すべての場合で中学で習った「はい、私は元気です。」が通用するのでしょうか?


アメリカ人の作家Kasie Westの作品 “The Fill-in Boyfriend” の中に、こんな一文が出てきます。

I don’t like the words ‘I’m fine’. My mom tells me those two words are the most-frequently-told lie in the English language.


和訳
「大丈夫」って言葉は大嫌い。ママは私に、この二言は英語で一番よく使われてる嘘だって言ってるわ。


I’m fine.は「世の中で一番使われる嘘」だそうです。

では、実際 “I am/I’m fine.” はどのような場面で、どんな意図をもって使われているのでしょうか?


これを紐解くために、“15 Things I Really Mean When I Say ‘I’m Fine’” 『私が “I’m fine” って言う時、本当に伝えたい15の気持ち』というインターネットの記事を紹介します。


この記事では、誰かに “How are you feeling?(大丈夫?)” と聞かれた時に、思わず “I’m fine” と答えてしまう心理が語られています。


その中からいくつかを紹介します。

  • I am not fine, but it is easier to say that, than explain how I really am feeling.
    本当は全然大丈夫じゃないけれど、いちいち説明するよりも大丈夫って言っておいた方が簡単だから

  • I am struggling, but really do not want you to know that because it makes me feel weak.
    全然上手く物事に対処できてないけど、弱みを見せるのが嫌だから大丈夫って言っておくことにするわ

  • I am crashing, but my eyes are open and I am talking to you, so that must mean I am fine.
    もう倒れちゃいそうだけど、まだ目も開いてるしあなたとも会話できてるから、大丈夫なんじゃないかな

  • I do not want your pity because I do not feel well, and I do not want you to try to cure me.
    気分が塞いでるからって、あなたから可哀そうだなんて思ってほしくないわ

  • I do not want to bring either of us down with my reality.
    大丈夫じゃないって言って、貴方を心配させたくないのよ。。。。

  • I may have already tried explaining to you once before, and it did not go well.
    以前大丈夫じゃないって正直に言った時、何にも理解してくれなかったじゃない。

I’m fine. と言われた側は、そこに込められている気持ちを正しく読み取って対応することは、その後の関係に影響を与えるくらい重要そうですね。

もちろん本当に “I am/I’m fine. = 元気よ“ と言うこともあります。


効果的なコミュニケーションを表す言葉に、
It’s not what you say, it’s how you say it.何を言うかじゃなくて、どういうかが重要なんだ
というものがあります。


言葉を受け取る側からしても、”I am/I’m fine.” と本調子で言われたのか、いかにも面倒くさそうに言われたのか、怒ったように言われたのか、などを理解することによって隠されたメッセージが推測できるでしょう。

英語圏で生活してると様々な場面で遭遇する “fine”

”Fine” には様々な意味があることは上記で説明しましたが、その中でも英語圏で暮らしていて良く出会う言い回しにはどんなものがあるのでしょうか?

いくつかピックアップしてみました。

  • Fine weather  :良いお天気。

    州が発行する車のナンバープレートに “Sunshine State(お日様サンサンの州)” と刻印されているほど晴れの日が多いオーストラリア、クイーンズランド州では、毎日の天気予報で欠かせない言葉です。
  • Traffic fine:交通違反の罰金

  • speeding fine.:速度超過の罰金

  • parking fine.:駐車違反の罰金

  • spot fine:その場で反則切符を切られること
  • Fine dining :高級レストラン。

    値段が高いだけでなく、”provide a fine dining experience..:サービスや店の調度も含め、最高のお料理を提供します“ と言う意味合いで、レストランの紹介記事などでよく使われています。
  • A fine gentleman:立派な紳士                   
  • A fine dust:細かい埃

    A fine particle (微粒子)などと共に花粉症の季節によく聞く言葉です。
  • Finely chopped onion:みじん切りにした玉ねぎ

    料理のレシピでは『細かく刻む』『キメの細かい粉』などを表す ”fine” は良く使われます。
  • Fine print
    直訳すれば『小さな活字』ですが、通常契約書などの細かい規約の部分を指し、”Nothing in fine print is ever good news.(細かい規約部分には、契約者にとって得になるようなことは絶対に書いてない。)“ などと使われます。
  • There’s a fine line between:紙一重

    There’s a fine line between right and wrong.:善悪の境は紙一重だ。

    There’s a fine line between genius and insanity.:天才と狂気は紙一重だ。
  • Everything is going to be fine:大丈夫、きっと上手くいく。

    何かに不安を感じている人を慰める際などによく使われる言い回しです。
  • The private sector is doing fine.   
    ニュースで良く聞く言い回しで、『民間部門は堅調だ』と言う意味。
  • It should be fine:それで大丈夫だと思うよ

    “It would be fine” の場合はその後に ”if” 節が続くと『もし○○だったら大丈夫だったのに』の意味となります。

    “It would be fine if you hadn’t forgotten the tape!”
    君がテープを忘れてさえなければ大丈夫だったのに!= テープを忘れてきたから大丈夫ではない。

最後にこの言葉をお送りします

今回の記事の最後に、『ドリアングレイの肖像』などで知られるアイルランド人の作家、オスカーワイルドの言葉を紹介しましょう。

“Everything is going to be fine in the end. If it’s not fine it’s not the end.”

『物事はすべて、最後には上手くいく。もし今上手くいっていないなら、それはまだ最終地点ではないと言うことだ』

この記事が皆さんの英語学習の助けになれば嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

今なら安心の3大特典付き!

レッスン一覧 まずは会員登録