STUDIOUS ENGLISH ACADEMY|ステューディアス 英語学院

レッスン

読むだけ英会話

英語解説

英熟語(Don’t)be a sheepとは?

Hank

こんにちは!
ステューディアス英語学院代表のHankです!
働きながら英語を身につけようと日々努力する社会人を支援する英語講師です。
英検 1級、TOEIC955

今回のスグに使える便利な熟語は、”Don’t be a sheep.” です。


羊って、もこもこしてて可愛いイメージがありますね。
それなのに「羊になるな!」って言われても、ちょっと納得できないな~という方は、是非このままお読みください!

なぜかというと、“Don’t be a sheep” は、仕事の場面でもソーシャルな場面でも良く使われる言葉だからです。
言い方によっては、軽く冗談のように使えることもあれば、シリアスに聞こえることもあります。


ですので、この記事で “Don’t be a sheep” を徹底的に理解しましょう!

私の英語上達ストーリーはこちら
英語ができないまま外資に転職した私が英語を身につけた方法


科学的な裏付けのある学習法や挫折しないための秘訣をまとめました!
今なら無料で提供しています
今英語学習が順調でも、停滞期は科学的にも訪れると言われています。
停滞期を前向きに乗り越えるヒントも見つかるはずです。
是非今のうちにお申し込みください!

    ”Sheep = 羊“ のイメージ?

    「羊」という言葉を聞くと、皆さんは何をイメージしますか?


    干支のひつじ年、ふわふわ、もこもこ、白い、ほんわか、あたたかい、かわいい、など優し気な言葉を思い浮かべる人が多いと思います。

    西洋でも、羊は聖書にも登場するなじみ深い動物です。

    良いイメージを持って描かれているところは日本と同じですが、「いつも群れて行動していてあまり自我を強く持たない」ものを象徴するものとして理解されています。

    聖書では「迷える羊」という表現が使われています.。
    誰かに導いてもらわないと生きていけない大衆
    という意味合いを持っています。

    以上のような”sheep”の背景を理解すると、次のような熟語も理解しやすくなりますね。

    sheepを含むイディオム

    • Be a sheep  
      他人に影響されやすい
    • Follow like sheep
      従順に従う
    • Go like sheep
      盲目的に従う
    • Sheepish
      恥ずかしがりの・おどおどした
    • Sheep-like
      従順で、愚か、意気地なしで臆病な人物を描写する表現
    ご存知ですか?

    羊は白くてもこもこ・ふわふわ、というイメージを抱きがちですが、実際の羊の毛は油分が多くべたべた・ごわごわしており、そのほとんどが放牧されているため泥やほこりがついて薄汚れています。
    素手で触るのはちょっと躊躇する、というのが本当のところです。

    Don’t be a sheep の意味        

    “Sheep” が英語では従順な存在だと考えられていて、”be a sheep” が「他人に影響されやすい」と言う意味なので、その冒頭に否定を表す “don’t” がついたらどんな意味になるかは想像できますね。

    Don’t be a sheep の意味        

    盲目的に大勢に従うな
    恥ずかしがって人の後ろに隠れるな
    他人に影響されるな
    自分の意見をしっかり持て

    職場やグループの和を乱すことを恐れて中々自分の意見を言えない、私たち日本人にとっては中々耳の痛いフレーズですね。

    Don’t be a sheep に続く言葉

    諺などでは、対になる言い回しがありますね。

    日本のことわざで “Don’t be a sheep” と聞いて思い出すのは、「鶏口となれども牛後となるなかれ」「鯛の尾より鰯の頭」「鶏頭牛後」などでしょうか。

    どれも “大きい団体で人の後に従うよりは、小さな団体でもそのかしらとなるほうがよい” ということ述べています。
    (参考:鯛の尾より鰯の頭とは – コトバンク (kotobank.jp)

    それでは、英語では “don’t be a sheep” と対になるフレーズには、どのようなものがあるのでしょうか?

    そのいくつかを紹介しましょう。

    • Don’t be a sheep be a lion.

    • Don’t be a sheep be a wolf.

    • Don’t be a sheep be a shepherd. 
      Shepherdとは羊飼いの事です

    • Don’t be a sheep think for yourself. 
      人に追従するのをやめて、自分の事を考えろ

    人々の暮らす自然環境や生活環境によって、対になる言葉がライオンや狼・羊飼いとなっているのが興味深いですね。

    さいごに

    では、最後にローマ帝国の諺を紹介しましょう。

    It is better to live one day as a lion, than a thousand years as a lamb.

    【和訳】
    1000年を羊として生きるよりは、例え一日でもライオンとして生きる方が良い


    さぁ、みなさんもライオンになった気持ちで今日も突き進みましょう

    最後までお読み頂きありがとうございました。

    あなたの英語学習を応援しています。

    私の英語上達ストーリーはこちら
    英語ができないまま外資に転職した私が英語を身につけた方法


    科学的な裏付けのある学習法や挫折しないための秘訣をまとめました!
    今なら無料で提供しています
    今英語学習が順調でも、停滞期は科学的にも訪れると言われています。
    停滞期を前向きに乗り越えるヒントも見つかるはずです。
    是非今のうちにお申し込みください!

      今なら安心の3大特典付き!

      レッスン一覧 まずは会員登録