STUDIOUS ENGLISH ACADEMY|ステューディアス 英語学院

レッスン

読むだけ英会話

英語解説

reimburseの語源や意味、refund/compensateとの使い分けを徹底解説

(この記事は2022年1月2日に更新しました)

Hank

こんにちは!
ステューディアス英語学院代表のHankです!
働きながら英語を身につけようと日々努力する社会人を支援する英語講師です。
英検 1級、TOEIC955

reimburse!
初めてこの単語を見たのは、経費精算する時の注意書きを読んでいた時です。



今日は、reimburseという単語を解説していきます。

私は働きながら英語を身に付けましたが、海外出張の経費精算をしているときにこの単語を初めてみました。
当時はreimburseの意味が分からなくて、辞書を引いたのを覚えています。

経費精算では必須の単語です。

ビジネスよりの単語なので、TOEICにもよく出てきます。

きっちり経費精算して、TOEICでも点数が取れるように、しっかりreimburseを身につけましょう!


この記事ではreimburseについて、たくさんの例文を使って、分かりやすく解説していきます。

Check!

・語源
・意味
・使い方
・refundやcompensateとの違い

それでは行きましょう!

【限定無料公開】

働きながら英語を身に付けるための戦略

  • 英語嫌いだった私が働きながら英検1級・TOEIC955を取得できた理由とは?

  • 日本人のための最短英語トレーニング法とは?

  • 社会人が英語学習で成功するための3つのカギとは?
動画講座 1
動画講座 2
動画講座 3

多くの人が英語の重要性を知って努力していいる一方、英語を身に付けられる方はごくわずかです。
努力が実に結ばないもったいない学習をしている方もいます。
上記の動画では、大人の日本人が英語習得で成功するポイントを解説します。

これらの内容をまとめた動画や英語解説を期間限定で無料で配信していきます。
英語を身に付けるために遠回りしたくない方は下記のフォームから是非ご登録ください!

参加後、ご登録いただいたメールアドレスに動画講座のURLをお送りします。
メールに書かれたリンクからいつでも解除することができます。

reimburseの 語源と意味

reimburseの意味は「払い戻す」です。

出張経費精算のように先に支払ったお金を払い戻すときによく使います。

名詞形は reimbursement です。


語源を見ると、

  • 戻すという意味の“re”

  • put in a purse(財布に入れる)という意味の imburse

が合わさってできた言葉です。


一度出したお金が「戻って」きて「財布に入れる」とイメージすると覚えやすいですね。

reimburseやreimbursement の使い方

ここからは具体的な使い方を見てみましょう。

大きく見て“reimburse”には2種類の使い方があります。
ひとつひとつ見ていきましょう!

reimburseの2つの使い方

  • 他の人や組織が本来払うべきお金を誰かが立て替えて後で払い戻す


  • 損害や損失に対してお金の支払いをする

① 払い戻し

まずは一つ目の立て替えたお金を払い戻す例を見ていきます。
上で触れた通り、ビジネスでの出張経費精算で必ず使う単語です。

例文

  • The company will reimburse any expenses an employee spends for a business trip, such as accommodation, meals, or ground transportation.
    会社は、ホテル代や食事代、旅費といった従業員が出張で使ったお金をすべて払い戻します

例文

  • If you drive your own car for a business trip, you’ll be reimbursed 36.5 cents per mile.
    出張に自分の車を使った場合、1マイルごとに36.5セントが払い戻されます

例文

  • You’ll need to fill in the form and attach all receipts to request reimbursement.
    立て替えた経費の払い戻しを要請するにはその用紙に記入して領収書をすべて添付しなければいけません。


会社によっては福利厚生で他の費用も払ってもらえることがあります。

例文

  • Before the recession, many employers used to offer tuition reimbursement programs to study foreign language or other professional business certificate.
    景気が悪くなる前は、外国語や専門的な資格を勉強するための授業料返済プログラムのある会社が多かった。

例文

  • My company has launched fitness reimbursement benefits.
    私の会社では最近スポーツジム会費手当が新設されました。


アメリカの健康保険では保険会社と提携しているネットワーク外の医療機関で診療を受けた場合、まずは自分で診療代を払い、あとで保険会社に請求して払い戻しを受けることが一般的です。

この場合も”払い戻し”という意味で“reimbursement”を使います。

例文

  • According to the insurance policy, insured members pay medical expense out of pocket first, then send the claim to insurance company for reimbursement.
    保険会社との契約によれば、被保険者はまずは自費で医療費を払い、そのあと払い戻しのために保険会社に支払い請求書を送ることになっている。

    *out of pocket =自分のお金で

また、旅行保険や火災保険といった他の種類の保険でも保険会社から支払いを受けるときも reimburse を使います。

例文

  • The travel insurance company reimbursed Mary for all expenses on hotels and meals she had to spend due to the flight’s delay.
    旅行保険会社は、飛行機の遅延のためにメアリーが負担したホテル代と食事代をすべて支払った


    ※reimburse 人:人に払い戻しする

② 損害や損失に対する支払い

さて、次は2つ目の使い方である「損害や損失に対する支払い」の使い方を見てみましょう。

この使い方は保険に関連してよく出てきます。

例文

  • Thanks to the home insurance, Jack was reimbursed for his loss and damages on his property caused by the fire.
    家財保険のおかげで、ジャックはその火事で失った物品と損傷に対して保険金を受け取ることができた。

例文

  • There are limits on reimbursement for loss or damages during shipping. The insurance company reimburses up to $3500.
    輸送中の紛失及び損傷に対する補償額には上限があります。保険会社は3500ドルまでは賠償します

“Reimburse” は硬いフォーマルな表現なのでビジネス以外ではあまり使わないのですが、まれに個人間のやり取りで使うこともあります。

例文

  • I reimbursed him the cost of damages I made to his car.
    私は彼の車に与えた損害の賠償をした

“Refund”との違い

reimbursement と似た言葉に“refundがあります。

両方とも「払い戻し」の意味ですが、その違いはあるのでしょか?


その違いはこちらです。

refund満足しなかった物やサービスに対する返金(返金を受けること)



reimburse自分が支払うべきでない支出の立て替えの払い戻しを受けること

例文

  • Sally returned the apples she bought, because they were damaged. The store gave her a refund.
    サリーは買ったりんごが痛んでいたので返品した。店はサリーに返金した。

  • Luke called customer service to ask for a refund for the cancelled concert.
    ルークはカスタマーサービスに電話してキャンセルされたコンサートのを求めた。

compensate との違い

compensate reimburse とよく似ています。


両方とも「賠償する」の意味があります。

こちらも両者に違いがあります。

compensate与えた損害や迷惑への「埋め合わせ」

reimburse自分が支払うべきでない支出の立て替えの払い戻しを受けること

ここでの「埋め合わせ」は損害額ぴったりのお金でなくてもよく、ギフトカードやお詫びの物品、特別割引などのサービスでもいいのです。

例文

  • Dear Customer,
    we are sorry for sending the damaged item. The replacement will be shipped within 2 business days. We’ll reimburse any costs incurred for the return shipment of the item. Please receive an extra item as a compensation.

    お客様へ、
    お送りした商品に破損があり申し訳ございません。2営業日中に新しい商品をお送りいたします。ご負担いただいた返品のための送料は当店からお客様に払い戻しさせていただきます
    埋め合わせにもう一つ商品を送りましたのでお収めください。

さいごに

“Reimburse”は日常会話ではあまり聞く機会はないですが、ビジネスや保険関連で必ず使う単語です。

書類の文章に出てきても戸惑わないようにしっかり意味を覚えていくといいでしょう。

まとめ

・語源:re + put in a purse
・意味:払い戻す
・refund:返金
・compensation:埋め合わせ

冒頭でも少し触れましたが、英語ができないまま外資に転職した私は、毎日英語との格闘でした。

英文メールの意味がわからない毎日です。

経費精算も英語で書かれたフォームを提出しなければなりませんでした。

必死に英会話に行っても上達しない日々を乗り越えて、遠回りしながら、時間もお金も無駄にしながら、ようやくたどり着いた方法で、英語力は大きく伸びました。

私の英語学習について、ご興味のある方は、以下から一部を読むことができます。

【限定無料公開】

働きながら英語を身に付けるための戦略

  • 英語嫌いだった私が働きながら英検1級・TOEIC955を取得できた理由とは?

  • 日本人のための最短英語トレーニング法とは?

  • 社会人が英語学習で成功するための3つのカギとは?
動画講座 1
動画講座 2
動画講座 3

多くの人が英語の重要性を知って努力していいる一方、英語を身に付けられる方はごくわずかです。
努力が実に結ばないもったいない学習をしている方もいます。
上記の動画では、大人の日本人が英語習得で成功するポイントを解説します。

これらの内容をまとめた動画や英語解説を期間限定で無料で配信していきます。
英語を身に付けるために遠回りしたくない方は下記のフォームから是非ご登録ください!

参加後、ご登録いただいたメールアドレスに動画講座のURLをお送りします。
メールに書かれたリンクからいつでも解除することができます。


この記事が、皆さんの英語学習のお役に立てれば、嬉しいです!

頑張るあなたを応援しています!

今なら安心の3大特典付き!

レッスン一覧 まずは会員登録