STUDIOUS ENGLISH ACADEMY|ステューディアス 英語学院

レッスン

読むだけ英会話

英語解説

Game Changerって?意味や特徴を徹底解説します

Hank

こんにちは!
ステューディアス英語学院代表のHankです!
働きながら英語を身につけようと日々努力する社会人を支援する英語講師です。
英検 1級、TOEIC955

この前、オンライン英会話の先生に
”Give us an example of a game changer.”
って質問されたんだ。


すっごく悩んで出てきた答えが、”My cat called Tama.”
「たま拾ってから、毎朝5時に起こされるんだ。会社に遅刻することもなくなって上司の受けもよくなったし、人生ホント変わったよ」


それ上司の前では言わない方が良いよ。。。。


冗談はこのくらいにして、今回は、”game changer” の意味や使われる場面などを紹介します。
更に、Game changerの類義語からGame changerの特徴まで広く解説していきます。


これを読めば、Game Changerの意味を知るだけではなく、Game changerになるヒントを手に入れることができます。


詳しく書いたので長くなってしまいますが、是非最後までお読みくださいね!

それでは行きましょう!

私の英語上達ストーリーはこちら
英語ができないまま外資に転職した私が英語を身につけた方法


科学的な裏付けのある学習法や挫折しないための秘訣をまとめました!
今なら無料で提供しています
今英語学習が順調でも、停滞期は科学的にも訪れると言われています。
停滞期を前向きに乗り越えるヒントも見つかるはずです。
是非今のうちにお申し込みください!

    ”Game changer” の意味

    まずは game changerという英語の意味を確認しましょう。

    確認した辞書(サイト)

    1. デジタル大辞泉

    2. Merriam Webster

    3. Grammarist

    デジタル大辞泉

    デジタル大辞泉によれば、「ゲームチェンジャー」を次のように説明しています。

    途中で交代して試合の流れを一気に変えてしまう選手。
    転じて、世論の動向を大きく変える人物や出来事

    ゲームチェンジャーとは – コトバンク (kotobank.jp)

    Merriam Webster

    Merriam Webster英語辞典では、”game changer” の意味を次にように定義しています。

    a newly introduced element or factor that changes an existing situation or activity in a significant way

    https://www.merriam-webster.com/dictionary/game%20changer

    【和訳】

    新しく導入された要素または要因で、既存の状況または活動を大幅に変更するもの

    Grammarist

    英語の用法を解説するウェブサイト Grammarist では、上記の定義に加えて次のように述べています。

    something new that alters traditional procedures or concepts

    radical and disruptive, usually in a positive way

    https://grammarist.com/idiom/game-changer/

    【和訳】

    従来の手順や概念を変える何か新しいもの

    急進的で破壊的ではあるが、通常はポジティブなもの

    既存の枠組みから抜け出し、何かポジティブで新しいものを引き起こす人や組織・物事ということですね。

    “game changer”の起源

    The New Yorker電子版の記事によれば、その起源は1982年だそうです。

    Game-changer” made its début in 1982

    https://www.newyorker.com/news/hendrik-hertzberg/nobody-said-that-then

    【和訳】

    「ゲームチェンジャー」という言葉は、1982年にデビューを果たした

    これが90年代にビジネス用語として用いられるようになり、21世紀を迎えると政治の世界でも使われる言葉となりました。


    2003年に当時のホワイトハウス関係者が、ジャーナリストに対して何度もこの“game changer”を使っています。

    “nuclear weapons are a game-changer” and to transform Iraq would be “a geopolitical game-changer.”

    【和訳】

    核兵器が「ゲームチェンジャー」です。イラクに変革を起こすことは地政学的な「ゲームチェンジャー」となるでしょう。

    その後の中東情勢を見るにつけ、政治の世界での「ゲームチェンジャー」はビジネスの世界のそれよりもあまりインパクトはないのかも、と思ってしまいます。

    ”Game changer” を言い換えると?

    先に述べたように、”game changer” は20世紀後半に生まれた言葉です。

    しかし、それ以前の時代にも “game changer” は存在しました。


    例えば、

    • 16世紀に発見された万有引力の法則
    • 18世紀にイギリスの医学者であるエドワード・ジェンナーによって発見された天然痘ワクチン
    • 19世紀に発明されたラジオ、蒸気タービン、電気の発見


    などがあり、これらの発見・発明なくしては現代の私たちの生活は不便なままとなっていたはずです。



    では、”game changer” が使われる以前の時代に、同様の意味を持つ言い回しにはどんなものがあったのでしょうか?


    同義語や反意語・類語をオンラインで紹介してくれる Word Hippo では、 “game changer” と同様の意味を持つ言葉として、以下の単語を紹介しています。

    “game changer”の言い換え

    • Revolutionary = 革命的な

    • Radical = 急進的な

    • Die hard = (粘り強く耐えて)なかなか死なない

    • True believer = 狂信者・盲信者

    • Crusader = 改革運動を推進する人たち・社会活動家

    • Warrior = 戦士

    • Hardliner = 強硬派

    • Partisan = パルチザン・狂信者

    21世紀の現代では、”game changer” は「急進的で破壊的ではあるが、通常はポジティブなもの」と言う位置づけです。

    しかし、この言葉が一般的になる以前の時代には、その対象となったものは「急進的で革命的な」位置づけであったことが分かります。


    地動説と天動説、進化論などを見ても、新たな考え方を広く一般が認めるようになるまでには、長い時間と大きな犠牲をはかるものであったことが分かります。

    Game changerにはどんなものがあるの?

    何をもって “game changer” と呼ぶかと言うのは、業種や専門分野によって全く異なります。


    ネットを検索すると

    Game changing technologies in 2018
    Game changing innovations from emerging markets”

    など、”game change” となりうる技術やサービス・アイディアが、様々な分野において短いスパンで誕生していることが分かります。


    18世紀にイギリスで発明された蒸気機関は、1802年に蒸気機関車として誕生しました。

    これは当時文句なしの “game changer” でしたが、現在ではリニアモーターカーが鉄道輸送の在り方を変える “game changer” だとみなされています。


    アレクサンダー・グラハム・ベルは19世紀に電話を発明しました。



    これも “game changer” でしたが、現在では5Gテクノロジーに接続できるスマホが情報通信分野での “game changer” となっています。

    誰でも “game changer” になれるのかな?

    “Game changer” は企業に対する呼び名に限定されているわけではありません。


    Amazon創業者のジェフ・ベゾス氏、テスラ創業者のイーロン・マスク氏、Facebookを立ち上げたマーク・ザッカーバーグ氏などの個人も “game changer” だと評されています。


    彼らに共通するのは、彼らが生まれた時から特別だったのではなく、自分のアイディアや目標を粘り強く突き詰めていって、”game changer” と呼ばれるレベルにまで昇華させたと言うことでしょう。


    オーストラリアの情報通信企業 “Optus=オプタス” は、自社のウェブサイトの記事の中で「ゲームチェンジャーの一般的な特徴」を紹介しています。


    この記事では、7つの資質があげられており、それらは以下のようなものです。

    “game changer”の特徴

    • Big picture thinkers
      全体像を考えることができる

    • Very strategic
      高度に戦略家であること

    • High on vigour and high energy 
      高い活力とエネルギーを持っている

    • Creative ideas generators
      クリエイティブなアイディアを生み出すことができる

    • Likeable 
      人に好かれる性格

    • Ambitious with an obsessive drive to win
      野心的で勝利することに執念を持つ

    • Risk-takers
      リスクを取ることを躊躇しない

    • Very good at influencing people 
      人に対して高い影響力を持つ

    • Very good at articulating a vision
      ビジョンを明確に表現するのが得意

    • Passionate about their ideas
      自分のアイディアに情熱を持っている

    さいごに

    この記事では”Game changer”について解説しました。

    Game changer になる資質は、誰でもいくつかは持っていのではないでしょうか?

    身の回りの小さなものから “game changing” なアイディアを見つけていく努力をすることで、毎日が新鮮なものになると思います。


    今試行錯誤しながら覚えている英単語、何年か先には「○○メソッド」と、あなたの名前を冠するものになっているかもしれません。


    それでは、今日はこのへんで。

    今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

    あなたの英語学習を応援しています!

    私の英語上達ストーリーはこちら
    英語ができないまま外資に転職した私が英語を身につけた方法


    科学的な裏付けのある学習法や挫折しないための秘訣をまとめました!
    今なら無料で提供しています
    今英語学習が順調でも、停滞期は科学的にも訪れると言われています。
    停滞期を前向きに乗り越えるヒントも見つかるはずです。
    是非今のうちにお申し込みください!

      今なら安心の3大特典付き!

      レッスン一覧 まずは会員登録