STUDIOUS ENGLISH ACADEMY|ステューディアス 英語学院

レッスン

読むだけ英会話

英語解説

Enthusiasticを徹底解説!語源からイメージを掴んでください

Hank

こんにちは!
ステューディアス英語学院代表のHankです!
働きながら英語を身につけようと日々努力する社会人を支援する英語講師です。
英検 1級、TOEIC955

ビジネスシーンや職場で重要視されるのは、時に「やる気・熱意」ではないでしょうか。
何かを達成する時には、周りを巻き込む力も必要なスキルです。

そして、人は感情で動く生き物とも言われていますので、感情を動かすほどの「やる気や熱意」が重要な役割を果たすことがあると思います。

そんな「やる気・熱心」を表現できる単語「enthusiastic」をご紹介します。

また、派生語のenthusiasmentuseenthusiasticallyなども併せてご紹介します。

更にpassionateとの違いも解説します。

盛りだくさんですが、最後までぜひお読みください!

私の英語上達ストーリーはこちら
英語ができないまま外資に転職した私が英語を身につけた方法


科学的な裏付けのある学習法や挫折しないための秘訣をまとめました!
今なら無料で提供しています
今英語学習が順調でも、停滞期は科学的にも訪れると言われています。
停滞期を前向きに乗り越えるヒントも見つかるはずです。
是非今のうちにお申し込みください!

    Enthusiasticの語源

    enthusiasticは形容詞ですが、元を辿れば「enthusiasm」という名詞形が初めに使われていたようです。

    16世紀頃に使用され始めた単語で、紐解いていくと以下のように解釈されます。

    分解した単語をみていきましょう。

    en+thus+iasm

    • en: 内なる、心の中
    • ithus: theoが転じた単語で意味は「神」
    • iIasm: 〜のような状態

    つまり「心の中に神がいるような状態」と解釈されます。

    熱心、熱狂的などのように訳される単語の「enthusiatic/enthusiasm」はまさに心に神が宿ったような、何かに取り憑かれたような状況なので、この語源を知っていると単語の持つイメージを覚えやすいと思います。



    次に品詞別に解説していきます

    品詞別の解説

    • 形容詞:enthusiastic

    • 名詞:enthusiasm

    • 動詞:enthuse

    • 副詞:enthusiasitically

    形容詞-enthusiastic

    形容詞であるenthusiastcを一番よく見かけます。

    発音は [ɪnθ(j)ùːziˈæstɪk]です。

    発音の注意点として、「a」にアクセントが来ます。

    enthusiasticの意味

    熱狂的な・夢中な・熱心な・熱中している・やる気のある

    例文

    He didn’t seem too enthusiastic about the new project.
    彼は新しい企画に対してあまりやる気のあるように見えなかった。

    例文

    She is very enthusiastic about playing the piano.
    彼女はピアノを弾くことに熱心だ

    例文

    The enthusiastic fans blocked the streets trying to take a peek at the artist.
    熱狂的なファンはそのアーティストを一目見ようと道を埋め尽くした。

    例文

    I am very enthusiastic about it.
    とても楽しみにしています(乗り気です・やる気があります

    例文

    He is a very enthusiastic worker.
    彼はとてもやる気のある職員です。

    類義語としてあげられるのは、「eager」「avid」「excited」などがあります。

    また、熱狂的なファンや信者を表す「enthusiastic」の場合は「hardcore」にも置き換えられます

    名詞 - enthusiasm

    続いては名詞形のenthusiamです。

    発音記号は [inθúːziæ`zm | -θju-]です。
    発音の注意点ですが、「u」にアクセントが来ます。

    enthusiasmの意味

    熱心・熱狂・熱中・熱意

    例文

    He met all other basic criteria however he lacked enthusiasm.
    基本的なクライテリアは満たしていたものの彼は熱意に欠けていた。

    例文

    The atmosphere was filled with enthusiasm when the team won the finals.
    チームが決勝で勝利した時、熱狂に満ちた雰囲気だった。

    例文

    She has a lot of enthusiasm for her job.
    彼女は仕事に熱意がある。

    類義語として挙げられるのは、「interest」や「excitement」などがあります。

    動詞ーenthuse

    発音記号は[enθ(j)úːz]です。

    使用頻度は形容詞形や名詞形ほどではありませんので、参考程度にお読み下さい。

    enthuseの意味

    熱狂させる・熱狂する・やる気にさせる

    例文

    The professor managed to enthuse his students about science.
    教授は生徒たちを科学の勉強に熱中させることに成功した。

    例文

    After I saw their performance on TV, I was completely enthused by them.
    テレビでのパフォーマンスを見て以来私は完全に彼らに熱中させられた

    副詞 ー Enthusiastically

    発音記号は [ɪˌnθu:zi:ˈæstɪkəli] です。

    形容詞形に似ていてます。
    少し長い単語で発音しにくいですが、形容詞形と同様に [a] にアクセントを持っていくと言いやすいと思います。

    enthuseの意味

    熱狂的に・熱心に・意欲的に

    辞書で引くとほとんどの場合まず「熱狂的に」と訳されていますが、日本語で「熱狂的に」ということ自体あまりないような気がします。

    イメージとしては「やる気があるように、ワクワクとしながら、熱意を持って」そんなイメージです。例文で理解を深めてください。

    例文

    She agreed to our condition enthusiastically.
    彼女はこちらの要望を意欲的に同意した。

    例文

    He participated in the project enthusiastically.
    彼がその企画に熱心に参加した。

    enthusiasticの類語

    品詞別に使い方や注意点などを見ていきました。
    ここからは、一番よく使われるであろう形容詞の「enthusiastic」に絞り、その類義語をいくつか紹介します。

    取り上げる類語は2つです。

    • avid
    • eager
    • passionate


    この2つの注意点や使い分けなどを詳しく見ていきたいを思います。

    Avid

    1つ目はavidです。

    avidの意味

    貪欲な、熱烈な、 熱狂的な、熱心な

    例文

    He is an avid supporter of Donald Trump.
    彼はドナルド・トランプ氏の熱烈な支持者だ

    例文

    She is an avid reader.
    彼女は熱心な読書家だ。

    Eager

    avidの意味

    熱心な、〜を切望する、強く望む

    be eager to」で「〜を待ちわびる」と訳すこともできます。

    例文

    She is eager to learn new techniques from her teacher.
    彼女は先生から新しい技術を学びたいと強く思っている

    例文

    He was so eager to go to the amusement park with his friends.
    彼は友人たちと遊園地に行くことを心待ちにしていた

    例文

    I am an eager learner who can adapt to different environments very quickly.
    私はとても熱心な学び手で、違う環境にもすぐに順応できます。

    avidとeagerの違い

    Avid とeagerがenthusiasticと似ている理由は、「自ら望んで行動している点」だと思います。

    共通して言えることが、何かに対して強い感情を持ち、意欲的なことであると思います。

    passionate

    よく類義語として扱われるのに「passionate」という単語があります。
    「passionate」も「熱心な」と訳されることがあるからです。

    passionateは「熱心な」とも訳せますが「情熱的な」と訳すことも多いですね。

    Enthusiasticの「やる気、乗り気、熱意」のようなある種コントロール可能な感情ではなく、性質・性格としての「熱心な、情熱的な」感情を表す単語がpassionateだと思います。

    ですので、enthusiasticとpassionateは必ずしも置き換えられるわけではありません

    enthusiasticは気持ちや努力次第で誰でもenthusiasticになることができます。
    一方で、passionateの場合は性質を表しているので、努力や意思ではコントロールできないことだと思います。



    文脈などによっては双方を置き換えることは可能ですが、恋愛についての文章や性格を表す文章などにおいては置き換えができないことがほとんどです。

    例文

    He was always very passionate/enthusiastic about saving animals since he was young.
    彼は幼い頃から動物を保護することにとても情熱的/熱心だった。

    ※動物保護という活動に対して言及しているため置き換えても不自然ではない

    例文

    I love how passionate he is when he is with me.
    私と一緒にいる時に情熱的なところが大好きだ。

    ※enthusiasticに置き換えるとちがう意味になるので置き換え不可

    例文

    He is a very passionate guy.
    彼はとても情熱的な人だ。

    ※生まれ持った性格を言い表したいのでenthusiasticは適当ではない

    さいごに

    今回は「enthusiastic」という単語を詳しく見ていきました。

    心に神が宿ったような状態」で英語学習に励んでいただける手助けになればと思います。

    今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

    皆さんの英語学習を応援しています!

    私の英語上達ストーリーはこちら
    英語ができないまま外資に転職した私が英語を身につけた方法


    科学的な裏付けのある学習法や挫折しないための秘訣をまとめました!
    今なら無料で提供しています
    今英語学習が順調でも、停滞期は科学的にも訪れると言われています。
    停滞期を前向きに乗り越えるヒントも見つかるはずです。
    是非今のうちにお申し込みください!

      今なら安心の3大特典付き!

      レッスン一覧 まずは会員登録